こんにちは!
今日も海外在住者のBUYMA海外発送の話題です。

 

海外発送には、関税込みor関税抜きのどちらがいいのかと言う悩みがあります。

それについては、こちらの記事でも書いています。

バイマ海外在住ショッパー 関税込み?関税抜き?どっちがいいの?

 

かいつまんで言うと、関税込みにするか、関税抜きの価格設定にするかはライバルの状況も考えて判断しようという内容でした。

 

「具体的にはどのような価格になるんですか?」
との声を頂きましたので、

 

 

製品別に具体例を交えて数字を見ていきたいと思います。  

 

 

スニーカーの場合

まずはスニーカー(革製でないスポーツシューズ)を販売する場合を見ていきましょう。

商品価格 30,000円

関税(8%) 1,500円
消費税 1,800円
運送業者手数料 500円
関税小計 3,800円

計算の説明は下記のとおりです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について